スポンサーリンク
人材開発・スキルアップ

人材開発支援助成金の活用が可能な研修について徹底解説!

企業が従業員のスキル向上を目指す際に、重要な役割を果たすのが「人材開発支援助成金」です。この助成金を利用することで、多くの企業が経済的な負担を軽減し、質の高い研修を実施しています。本記事では、助成金を活用した研修の口コミや評判にフォーカスし、その効果やメリットについて解説します。
ふるさと納税・返礼品

布田保之助に由来する「保之助ウイスキー」で味わう山都町の魅力とふるさと納税の喜び【熊本県山都町・ふるさと納税の返礼品】

熊本県山都町から届く保之助ウイスキーは、ただの返礼品以上の意味を持ちます。このウイスキーは、山都町の豊かな自然と長い歴史、そして地域住民の情熱が生んだ産物です。ふるさと納税を通じてこの特別なウイスキーを手に入れることは、味覚を通して地域の魅...
お金

夏のボーナス「1981年以降で最高額」経団連が大手企業のボーナス調査を公表

日本経済団体連合会(経団連)が公表した調査によると、大手企業の従業員が受け取る今夏のボーナスは平均で98万3112円に達し、これは1981年以降の調査において最高額となりました。この結果は、企業の業績向上や経済回復を示すだけでなく、従業員や一般市民からの口コミや評判にも大きな影響を与えています。
スポンサーリンク
投資

NTT東日本とNTT西日本「タウンページ」の紙の冊子の廃止を決定、今後はネット版の電話帳「iタウンページ」といったサービスに注力

NTT東日本とNTT西日本「タウンページ」の紙の冊子の廃止を決定、今後はネット版の電話帳「iタウンページ」といったサービスに注力
ビジネス・仕事

ココイチ「8月1日から価格改定」することを発表、ビーフ・ポークカレーなど「最大76円上昇」2022年12月以来の値上げ

カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)を運営する壱番屋は、2024年8月1日からメニューの価格を改定することを発表しました。今回の値上げは2022年12月以来であり、ココイチファンにとって大きなニュースとなっています。改定の詳細とその背景について詳しく見ていきましょう。
投資

auAMレバレッジNASDAQ100為替ヘッジ無しの口コミや評判は?メリット・デメリットを解説

「auAMレバレッジNASDAQ100為替ヘッジ無し」は、米国の主要テクノロジー企業を中心としたNASDAQ100指数にレバレッジをかけ、為替リスクをヘッジしないという特徴を持つファンドです。このファンドは、リスクを取って高いリターンを狙う投資家にとって魅力的な選択肢となる可能性があります。今回は、このファンドの口コミや評判、メリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。
投資

eMAXIS日経半導体株インデックスの口コミや評判から、メリット・デメリットまで解説

「eMAXIS日経半導体株インデックス」は、日本の半導体関連企業に投資するインデックスファンドです。半導体産業は、急速な技術革新と市場拡大が続いており、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。特に、スマートフォン、データセンター、電気自動車、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの技術革新に伴い、半導体の需要は年々増加しています。本記事では、このファンドの口コミや評判を紹介し、そのメリットとデメリットについて解説します。
レイク

レイク カードローンの金利は【4.5%~18.0%】2024年7月

レイクカードローンは、急な出費や資金の必要な時に便利な金融商品です。新生フィナンシャルが提供するこのカードローンは、金利が【4.5%~18.0%】で設定されており、初めての利用者には魅力的な特典が用意されています。本記事では、レイクカードローンの金利の詳細や利用条件、申込方法、無利息期間の特典について詳しく解説します。さらに、利用者の声や評判も紹介し、総合的な評価を提供します。
投資

ダイワ・ハイクオリティ日本株セレクト-叡智の和-の口コミや評判は?メリット・デメリットを解説

「ダイワ・ハイクオリティ日本株セレクト-叡智の和-」は、優れた経営力を持つ国内のハイクオリティ企業に投資するファンドです。日本株市場でのパフォーマンスを追求し、JPX日経インデックス400(配当込み)をベンチマークとして中長期的な成長を目指しています。本記事では、このファンドの口コミや評判、メリット・デメリットについて詳しく見ていきます。
ビジネス・仕事

ダイソン、英国で従業員約1000人を削減へ「英国での雇用、約3500人の約3割」

英国発祥の家電メーカー、ダイソンが英国で従業員約1000人を削減する計画が明らかになりました。この削減は、英国での雇用総数約3500人の約3割に相当します。世界的な競争の激化に対応するための合理化の一環として行われるもので、他の国での人員削減についてはまだ明らかにされていません。
エンタメ

オリエンタルランド、新たに「ディズニークルーズ事業」を展開すると発表!アメリカのディズニー社と日本を拠点とするクルーズ事業を行うことでライセンス契約「投資金額は3300億円」2028年度に就航予定

オリエンタルランドは9日、新たにディズニークルーズ事業を展開すると発表しました。アメリカのディズニー社と日本を拠点とするクルーズ事業を行うことでライセンス契約を結び、総額3300億円の投資を行います。就航は2028年度を予定しており、この新たな取り組みにより、約4000人の乗客が夢の旅を楽しむことができるようになります。
ビジネス・仕事

三菱UFJ銀行(東京)の行員、TOBなどの情報を公表前に親族らに漏えいしていた疑い「親族らは顧客企業に関する株取引を行い、数百万円の利益を得ていた可能性」

三菱UFJ銀行(東京)の行員が、同行の顧客企業に関する株式公開買い付け(TOB)などの情報を、公表前に親族らに漏えいしていた疑いがあることが関係者の話で明らかになりました。親族らはこの情報を基に株取引を行い、数百万円の利益を得ていた可能性があります。この問題は、証券取引等監視委員会(以下、監視委)が把握し、金融商品取引法違反の疑いで行員の自宅を強制調査するなどの対応を行っています。
ビジネス・仕事

花王、アイマスク「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」の意匠権をアイリスオーヤマに侵害されたとして「販売の差し止め申し立て」

花王株式会社は、アイマスク「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」の意匠権がアイリスオーヤマ株式会社(仙台市)に侵害されたとして、2024年7月2日に東京地方裁判所に対し、アイリスオーヤマの製品「モイスクル じんわりホットアイマスク」シリーズの販売差し止めを求める仮処分を申し立てました。
投資

オーロラⅡ(トルコ投資ファンド)の口コミや評判から、メリット・デメリットまで解説

「オーロラⅡ(トルコ投資ファンド)」は、トルコ企業の株式を主要な投資対象とし、積極的な運用を行うことで信託財産の成長を目指す投資信託です。1996年に設定されて以来、多くの投資家に支持されてきました。このファンドは、高リターンを追求しつつも、その背後にあるリスクを適切に管理することで評価されています。この記事では、オーロラⅡの口コミや評判、そしてそのメリットとデメリットについて探っていきます。
ビジネス・仕事

大創産業、100円ショップ「ダイソー」など3業態の直営店で「身だしなみの基準を緩和」ピアスやネイルOK、服装も原則自由

2024年7月8日、大創産業(広島県東広島市)は、同社が運営する100円ショップ「ダイソー」を含む直営店の従業員に対する身だしなみ基準の緩和を発表しました。この取り組みは、個性を尊重しつつ、人手確保を目指すものであり、全国約3300店舗の従業員が対象となります。ピアスやネイルが認められるほか、これまで禁止されていた派手な色や柄の服装も自由に選べるようになります。
半導体産業

韓国サムスン電子、2024年4~6月期の全社営業利益は前年同期比16倍の10兆4000億ウォン(約1兆2100億円)半導体メモリー市況が全般的に好調

韓国の大手電子機器メーカーであるサムスン電子は、2024年4~6月期の全社営業利益が前年同期比で16倍となる10兆4000億ウォン(約1兆2100億円)を記録しました。この急成長の背景には、生成AI(人工知能)向け需要の増加とそれに伴う半導体メモリー市場の好調が大きく寄与しています。サムスン電子はこれで2四半期連続で前年同期を上回る業績を達成しました。
スポンサーリンク