SNSが日常生活に欠かせないツールとなりつつある現代、その影で潜む問題点が浮き彫りになっています。特に、他人への批判が容易になったことは、多くの議論を呼んでいます。元自衛官でお笑い芸人のやす子(25)が自身のX(旧ツイッター)で「SNS他人に厳しい人多くない!?」と問いかけたことが、この問題に新たな光を当てました。

やす子の投稿とその背景

やす子は、SNS上で他者を攻撃する書き込みや礼儀を欠いたコメント、名誉毀損にあたる可能性のある中傷が横行している現状に対し、自らの意見を率直に表明しました。この投稿は、短期間で1230万を超える表示回数を記録し、1700件以上のコメントが寄せられるほどの大きな反響を呼びました。ユーザーからは、「匿名だと気が大きくなる人がいる」「人を見下す人も少なくない」「面と向かっては絶対にそんな態度を取れない人が多い」といった共感の声が上がりました。

 

SNSにおける匿名性の問題

やす子の投稿が指摘する一つの大きな問題は、SNSにおける匿名性です。匿名性が保証されることで、実際の社会では言えないような過激な意見や批判が容易になります。これは、言論の自由を享受する一方で、他者への敬意を欠いた発言が増加する原因にもなっています。

共感を呼ぶやす子の投稿

やす子の投稿に寄せられた多くの共感の声は、SNSが抱える問題に対する一般的な認識を示しています。特に、他人のミスや間違いを指摘することに喜びを見出す文化や、自分には甘いが他人には厳しいという二重の基準が指摘されました。これらの反応は、SNSを利用する多くの人々が、同様の経験をしていることを物語っています。

 

まとめ

やす子の投稿は、SNSにおける他者への過度な批判や攻撃が問題視されている現状を浮き彫りにしました。匿名性がもたらす言論の自由とその暗い側面という二面性を考えるきっかけを提供しています。この問題に対する解決策は簡単ではありませんが、やす子のような公の人物が声を上げることで、SNSの健全な利用に向けた議論が進むことが期待されます。「SNS上の厳しさ」という問題は、私たち一人ひとりが自己反省し、他人への思いやりを持って行動することから改善されるかもしれません。