広島で住宅を購入しようと考えている方、もしくは既存の住宅ローンの借り換えを検討している方にとって、どの住宅ローンが最適かを見極めるのは非常に重要です。本記事では、広島でおすすめの住宅ローンについて、新規借り入れと借り換えの観点から、さらに変動金利と固定金利の違いについて解説します。

新規借り入れの住宅ローン

住宅を新規に購入する際に考慮すべきポイントは多数ありますが、特に金利の種類とその利率は重要な要素です。広島で提供されている住宅ローンには、主に以下のようなものがあります。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪

 

 

三井住友信託銀行

特徴: 三井住友信託銀行の住宅ローンは、金利が非常に低く、特に新規借り入れには魅力的です。また、手続きが迅速であることも強みです。さらに、提携先の不動産会社と連携しているため、住宅購入のプロセス全体がスムーズに進みます。

金利: 変動金利型で0.375%、固定金利型で10年固定1.0%(2024年5月現在)。これらの金利は他行と比較しても非常に競争力があります。

特典: 新規借り入れ時に、提携先の火災保険や地震保険に加入することで、さらに金利が優遇されるキャンペーンも定期的に行われています。

 

広島銀行

特徴: 広島銀行は地元に根付いた銀行で、地域密着型のサービスが魅力です。地元特有のニーズに応じた柔軟な対応が期待できます。広島銀行は、地域社会とのつながりを重視しており、地元の信用を大切にしています。

金利: 変動金利型で0.475%、固定金利型で10年固定1.2%。固定金利は安心して長期的に返済計画を立てることができます。

特典: 地元の不動産業者との強力なネットワークがあり、物件探しからローン申請まで一貫したサポートが受けられます。

 

みずほ銀行

特徴: みずほ銀行は全国展開しており、広島でもそのネットワークを活かしたサポートが受けられます。特に新規借り入れに対してはキャンペーン金利が適用されることがあり、顧客にとって非常に有利な条件が提供されることがあります。

金利: 変動金利型で0.400%、固定金利型で10年固定1.1%。みずほ銀行の変動金利は、金利変動リスクを受け入れることができる顧客にとって非常に魅力的です。

特典: みずほ銀行の顧客には、優遇金利や手数料の減免など、さまざまな特典が用意されています。特に給与振込口座として利用する場合、さらなる優遇が受けられます。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪

 

 

借り換えの住宅ローン

既に住宅ローンを持っている方が借り換えを検討する際には、金利の低さだけでなく、借り換え時の手数料や条件も重要です。

 

楽天銀行

特徴: 楽天銀行はオンライン完結型のサービスを提供しており、借り換え手続きが非常にスムーズです。オンラインでの手続きが中心となるため、手間をかけずに借り換えを進めることができます。

金利: 変動金利型で0.310%、固定金利型で10年固定0.9%。特に変動金利の低さが際立っており、総返済額を大幅に減らすことが可能です。

特典: 楽天銀行の利用者には、楽天ポイントが貯まる特典もあり、普段のショッピングなどでポイントを活用することができます。

 

イオン銀行

特徴: イオン銀行は、ショッピングモール内に店舗があるため、買い物ついでに相談できる便利さが魅力です。特にイオンカード会員には優遇金利が適用されるため、利用者にとって大きなメリットがあります。

金利: 変動金利型で0.290%、固定金利型で10年固定0.85%。イオン銀行の固定金利は、長期的な返済計画を立てやすくするための安心感があります。

特典: イオン銀行の顧客には、イオンモールでのショッピングがよりお得になる特典が用意されています。特にイオンカードとの併用でさらに多くのメリットが受けられます。

 

住信SBIネット銀行

特徴: 住信SBIネット銀行は、オンライン専門の銀行であり、そのため経費を抑えた低金利を提供しています。借り換えの手続きもオンラインで完結できるため、時間と手間を節約できます。

金利: 変動金利型で0.270%、固定金利型で10年固定0.8%。特に変動金利の低さが魅力で、借り換えによるメリットが大きいです。

特典: 住信SBIネット銀行の顧客には、手数料の優遇や、SBI証券との連携による投資サービスの提供など、金融サービス全般でのメリットがあります。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪

 

 

変動金利と固定金利の違い

住宅ローンを選ぶ際には、変動金利と固定金利の違いを理解することが重要です。

 

変動金利

メリット: 金利が低く設定されているため、返済額が少なくなる可能性が高いです。また、金利が下がると返済額も減少します。初期の返済負担が軽くなるため、手元資金を他の投資や貯蓄に回すことができます。

デメリット: 金利が上昇すると返済額が増加するリスクがあります。将来的な金利の動向に注意が必要です。特に長期間のローン返済を計画している場合、金利上昇のリスクをしっかりと理解しておく必要があります。

 

固定金利

メリット: 返済期間中の金利が固定されるため、返済額が一定で計画が立てやすいです。将来的な金利上昇の影響を受けません。家計管理がしやすく、長期的な資金計画を安定させることができます。

デメリット: 変動金利に比べて金利が高めに設定されていることが多いです。初期の返済額が大きくなる可能性があります。短期的な返済計画には適していない場合があります。

 

 

まとめ

広島で住宅ローンを選ぶ際には、自分のライフスタイルや返済計画に応じて最適なローンを選ぶことが重要です。新規借り入れの場合は、金利の低さだけでなく、手続きの迅速さや地域に密着したサービスも考慮しましょう。借り換えの場合は、現在のローンの条件と比較して、どれだけ総返済額を削減できるかを見極めることがポイントです。

変動金利と固定金利のどちらを選ぶかについては、将来的な金利の動向や自身の返済能力を踏まえて慎重に判断する必要があります。金利の変動リスクを避けたい場合は固定金利が適していますが、金利の上昇リスクを取れるなら変動金利でより低い金利を享受することも一考です。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪