2024年6月におけるauじぶん銀行の住宅ローン金利について詳しくご紹介します。住宅ローンを選ぶ際には、自身のライフスタイルや将来の計画に合った金利プランを選択することが重要です。auじぶん銀行では、多様な金利プランを提供しており、それぞれのプランが持つ特性や利点について理解することが住宅ローン選びの鍵となります。

本記事では、当初期間引下げプラン全期間引下げプラン、そして保証付金利プランの3つの主要なプランに焦点を当て、詳細な金利情報とその適用条件について解説します。

 

 

当初期間引下げプラン

当初期間引下げプランは、借入初期の一定期間における金利を大幅に引き下げることで、初期負担を軽減するプランです。このプランは、特に借入初期の支出を抑えたい方にとって有利です。2024年6月現在、以下のような金利設定がなされています。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪

 

 

金利タイプ金利当初期間引下幅基準金利
固定2年0.900%-2.070%2.970%
固定3年1.090%-1.930%3.020%
固定5年1.210%-1.890%3.100%
固定10年1.355%-2.075%3.430%
固定15年1.805%-1.735%3.540%
固定20年1.915%-1.825%3.740%
固定30年2.320%-1.840%4.160%
固定35年2.450%-1.840%4.290%

: 金利と引下幅は年利率であり、金利はお借入れいただく日の金利が適用されます。また、毎月金利の見直しが行われます。団体信用生命保険への加入が必須であり、加入プランによっては金利に上乗せされる場合があります。

 

詳細情報

このプランでは、当初の一定期間が終了すると、金利が基準金利に戻るため、その後の返済計画を立てる際には注意が必要です。例えば、固定2年プランでは、初めの2年間は0.900%の金利が適用され、その後は基準金利である2.970%が適用されます。同様に、固定10年プランでは、初めの10年間は1.355%の金利が適用され、その後は3.430%の基準金利に戻ります。これにより、初期の支払いを抑えつつ、その後の返済計画を見直す余裕が生まれます。

 

 

全期間引下げプラン

全期間引下げプランは、借入期間全体を通じて金利が一定の引下げ幅で適用されるプランです。このプランは、将来の金利変動に対するリスクを軽減し、安定した返済計画を立てることができるため、長期的な視点で住宅ローンを考える方に適しています。2024年6月現在の金利は以下の通りです。

金利タイプ金利当初期間引下幅基準金利
変動(新規借入れ)0.319%-2.022%2.341%
変動(借換え)0.298%-2.043%2.341%
固定2年1.970%-1.000%2.970%
固定3年2.020%-1.000%3.020%
固定5年2.100%-1.000%3.100%
固定10年2.430%-1.000%3.430%
固定15年2.540%-1.000%3.540%
固定20年2.740%-1.000%3.740%
固定30年3.160%-1.000%4.160%
固定35年3.290%-1.000%4.290%

: 変動金利は半年ごとに見直しが行われ、固定金利特約期間中は金利が固定されます。金利の見直しは毎月行われるため、常に最新の金利情報を確認することが重要です。

 

詳細情報

例えば、変動金利(新規借入れ)の場合、初めの適用金利は0.319%と非常に低く設定されており、基準金利2.341%から2.022%の引下げが適用されています。一方、固定10年プランでは、2.430%の金利が適用され、基準金利3.430%から1.000%の引下げが行われています。これにより、金利が変動しない安心感を持ちながら、長期的な返済計画を立てることができます。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪

 

 

保証付金利プラン

保証付金利プランは、保証会社の利用が前提となるプランで、初期費用を軽減することができます。このプランでは、保証料が金利に含まれるため、借入初期のコストを抑えつつ、長期的な返済計画を安定させることができます。2024年6月現在の金利は以下の通りです。

金利タイプ金利当初期間引下幅基準金利
変動0.650%~1.150%-1.825%~-1.325%2.475%
固定3年1.300%~1.800%3.125%
固定5年1.430%~1.930%3.255%
固定10年1.780%~2.280%3.605%

: このプランでは、借入金額や借入期間に応じて金利が異なる場合があります。団体信用生命保険への加入が必須であり、加入プランによっては金利に上乗せされる場合があります。

 

詳細情報

このプランの特徴は、保証会社を利用することで審査が通りやすくなる点です。例えば、変動金利プランでは、0.650%から1.150%の範囲で金利が設定され、基準金利2.475%から最大1.825%の引下げが適用されます。また、固定10年プランでは、1.780%から2.280%の範囲で金利が設定され、基準金利3.605%に対して適用されます。これにより、保証料込みの金利で安定した返済計画を立てることができます。

 

 

まとめ

auじぶん銀行の住宅ローン金利は、多様なニーズに応じたプランが用意されており、それぞれの特徴を理解することが重要です。当初期間引下げプランは初期負担の軽減を重視し、全期間引下げプランは将来の金利変動リスクを軽減します。保証付金利プランは保証料が含まれるため初期費用の負担を軽減できます。

いずれのプランも、お申込時ではなく実際にお借入れいただく日の金利が適用される点や、毎月金利が見直される点に注意が必要です。また、住宅ローンをお借入れいただく際には、団体信用生命保険への加入が必須となり、加入プランによっては金利に上乗せされることもあります。

 

☆あなたにピッタリの住宅ローンが見つかる☆【低金利】新規借り入れも借り換えも♪