投資信託の選択は、投資家にとって大きな決断の一つです。その中でも「One国内株オープン(自由演技)」は、国内株式アクティブ型ファンドとして多くの注目を集めています。本記事では、このファンドの基本情報、口コミや評判、メリット、デメリットについて解説します。投資家がこのファンドを選ぶ際の参考となる包括的なガイドとしてご活用ください。

基本情報

「One国内株オープン(自由演技)」は、2000年8月30日に設定され、国内株式を対象としたアクティブ型の投資信託です。ベンチマークは「東証株価指数(TOPIX)」であり、これを上回るリターンを目指しています。2023年の時点で、純資産額は737億5100万円に達し、信託報酬は年率1.76%、販売手数料は3.30%(税込)となっています。

ファンドの運用方針は、マクロ経済の変化に応じて最適な投資スタイルを採用することを重視しており、成長株や割安株、大型株や中小型株を適時選択しています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

口コミ

ポジティブな口コミ

ファンドマネージャーの説明や銘柄分析の徹底さを評価する声が多く、購入のきっかけとなっていることがわかります。特にファンドマネージャーのの説明に対する信頼感が強調されています。

 

ネガティブな口コミ

一方で、以下のようなネガティブな口コミも存在し、信託報酬や手数料の高さに対する不満の声も少なくありません。

 

 

評判

「One国内株オープン(自由演技)」の評判は全体的に中程度です。運用方針としては、マクロ経済の変化に応じた投資スタイルを採用しており、成長株や割安株を状況に応じて選択しています。

 

メリット

 

高いリターンの可能性

過去1年のリターンは30.12%と高く、他の投資信託と比較しても優れたパフォーマンスを示しています。特に10年間のリターンが15.79%と安定して高いことが評価されています。

 

柔軟な運用方針

マクロ経済環境に応じて投資スタイルを変更するため、変動する市場に対応しやすいです。これにより、経済状況の変化に応じた柔軟な対応が可能となります。

 

専門的な銘柄分析

ファンドマネージャーによる詳細な銘柄分析が行われており、投資判断の精度が高いと評価されています。特に、利益成長や資本効率を重視した分析が行われている点が投資家にとって魅力的です。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

デメリット

 

高い信託報酬

年率1.76%の信託報酬は他のファンドと比較してやや高めです。長期保有する場合、このコストがパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

 

販売手数料の高さ

3.30%の販売手数料は、投資を開始する際の初期コストとして高額です。これにより、投資初期における資金の目減りが懸念されます。

 

運用リスク

アクティブ型ファンドのため、市場の変動により大きなリスクを伴うことがあります。特に、市場全体の下落時には大きな損失を被る可能性があります。

 

 

まとめ

「One国内株オープン(自由演技)」は、高いリターンを目指す投資家にとって魅力的な選択肢ですが、高い信託報酬や販売手数料、運用リスクも考慮する必要があります。口コミからは、ファンドマネージャーの専門性や銘柄分析の詳細さが評価されていますが、投資を検討する際には、自身の投資目的やリスク許容度を十分に考慮することが重要です。総合的な判断が求められるファンドであることを理解し、慎重に選択してください。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪