東洋・インドネシア株式ファンドは、インドネシアの株式市場に投資することを目的としたファンドであり、インドネシア経済の成長ポテンシャルを活かし、長期的な資産成長を目指す投資家にとって魅力的な選択肢となっています。インドネシアはアジアの新興市場の中でも特に注目されており、その豊富な天然資源と若い労働力が経済成長の原動力となっています。

 

基本情報

 

レーティング: 現在評価なし

リターン(1年): 現在評価なし

純資産額: 15億9800万円

決算回数: 年1回

販売手数料(上限・税込): 3.30%

信託報酬: 年率1.188%

実質信託報酬: 年率1.988%

信託財産留保額: 0.30%

 

ファンドの運用方針としては、主にインドネシアの金融商品取引所に上場する株式へ投資し、信託財産の成長を目指します。具体的には、シンガポール籍外国投資信託「ユナイテッド インドネシア エクイティ ファンド」および「SOMPOマネープールマザーファンド」受益証券を主要投資対象とし、これらのファンドを通じてインドネシア市場の成長を享受します。

また、原則として為替ヘッジは行わないため、為替リスクが存在する一方で、コスト削減につながります。実質的な運用はUOBアセットマネジメント・リミテッド傘下のPT UOBアセットマネジメント(インドネシア)が担当します。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

口コミ・評判

東洋・インドネシア株式ファンドの口コミや評判について、現時点ではユーザーからのレビューは少ないものの、以下のような意見が寄せられています。

 

ポジティブな意見

 

    • インドネシア経済の成長に期待を寄せる投資家からは、高い成長ポテンシャルが評価されています。特にインドネシアの若い人口と豊富な天然資源が長期的な経済成長を支える要因として挙げられています。
    • シンガポール籍外国投資信託への投資がリスク分散の面で好評。シンガポールは金融のハブとして信頼されており、安定した運用が期待できます。
    • 運用の専門性が高く評価されており、UOBアセットマネジメントによる専門的な運用に対する信頼が寄せられています。

 

ネガティブな意見

 

    • 販売手数料や信託報酬が高めであることから、コストに対する不満が見られます。特に実質信託報酬が年率1.988%と高めである点が指摘されています。
    • 為替ヘッジを行わないため、為替リスクを心配する声もあります。特に円高時には基準価額が大きく下落する可能性があります。
    • 流動性リスクに対する懸念もあります。インドネシア市場は他の先進市場に比べて流動性が低く、市場の変動に対する対応が難しいと感じる投資家もいます。

 

メリット

 

高い成長ポテンシャル

インドネシアはアジアでも有望な成長市場の一つであり、経済成長が続いているため、長期的な資産成長が期待できます。特にインフラ開発や製造業の拡大が経済成長を後押ししています。

 

リスク分散

シンガポール籍外国投資信託およびマネープールファンドへの投資により、リスク分散が図られています。これにより、一国の経済変動リスクを軽減し、安定したリターンを目指すことができます。

 

運用の専門性

UOBアセットマネジメント・リミテッドの運用により、専門性の高い運用が期待できます。これにより、投資先の企業選定や市場動向の分析において、プロフェッショナルな視点が反映されます。

 

長期投資に適した構成

信託期間が無期限であるため、長期的な資産形成を目指す投資家に適しています。短期的な市場変動に左右されず、長期的な視点での投資が可能です。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

デメリット

 

高いコスト

販売手数料が3.30%、信託報酬が年率1.188%と、コストが高めです。これがリターンを削る要因となる可能性があります。特に初期投資コストが高いため、短期的なリターンを狙う投資家には不向きです。

 

為替リスク

為替ヘッジを行わないため、円高などの為替変動によるリスクが存在します。特に円高が進行する場合には、投資先の外貨建て資産の価値が目減りする可能性があります。

 

流動性リスク

インドネシア市場の特性上、流動性リスクが存在し、市場の変動により基準価額が大きく変動する可能性があります。市場の流動性が低い場合、迅速な資金回収が困難となる場合があります。

 

評価ベンチマークの不在

本ファンドには評価用ベンチマークが設定されていないため、投資成果の評価が難しい場合があります。他のファンドとの比較が難しいため、投資判断が難しくなる可能性があります。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪

 

 

まとめ

東洋・インドネシア株式ファンドは、インドネシア市場の成長ポテンシャルを活かした投資機会を提供しますが、高いコストと為替リスクには注意が必要です。長期的な資産成長を目指す投資家にとっては魅力的な選択肢となり得ますが、リスク管理の面でも十分な注意が求められます。ファンドへの投資を検討する際は、自身の投資目的やリスク許容度をよく考慮した上で、慎重に判断することが重要です。

このように、東洋・インドネシア株式ファンドには多くのメリットとデメリットがあり、投資家にとってはバランスの取れた評価が必要です。口コミや評判を参考にしつつ、自分自身の投資スタンスに合った判断を行うことが成功の鍵となるでしょう。長期的な視点での投資を心がけ、適切なリスク管理を行うことで、ファンドの成長を最大限に活用することができます。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】即日融資でお金を借りたい方に♪