4月1日、春の訪れと共に新しい生活が始まる季節。多くの企業で新社会人の門出を祝う入社式が行われ、建築材料・住宅設備機器業界のリーダーである『LIXIL』も例外ではありません。この特別な日に、サッカー元日本代表の内田篤人氏が登壇し、独特のスタイルで新入社員たちへのメッセージを送りました。しかし、その内容が「パワハラではないか」と物議を醸し出し、ネット上では辛辣な意見が相次いでいます。

サッカー元日本代表・内田篤人、LIXILの入社式で「クビでいいですか?」パワハラと物議を醸す

新入社員のみなさま、本日はおめでとうございます。社会で生きていくうえで大事なことがあります」この言葉で始まった内田篤人氏の挨拶は、一見すると晴れやかな新生活の門出にふさわしいものでした。内田氏は、自身が現役時代に所属していた鹿島アントラーズの長年のスポンサーであり、現在はSDGsアンバサダーとしても活動するLIXILとの深いつながりから、入社式のスピーチを依頼されました。しかし、その内容が一部で問題視されています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

式典は国立競技場で盛大に開催されましたが、内田氏の登場に対する新入社員の反応は思ったほど熱狂的ではありませんでした。これに対し、内田氏は「(今日のゲストが)芸能人だと思いましたか? 僕でちょっと残念ですか?」と問いかけ、「静かでしたよね? やり直しましょう」と再登場を促しました。再度の登場には歓声が上がり、「これが社会です」というメッセージを新入社員に伝えました。

しかし、問題となったのはその後の発言です。「僕がLIXILのSDGsアンバサダーだと知っていた人?」と問いかけた後、手を挙げなかった新入社員に対して「今、手を挙げていない方はクビでいいですか? クビにしちゃいましょう。(入社)初日に」と発言しました。この一連の行動が、パワハラではないかとの指摘を受けています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

ネット上では「普通にパワハラ」「新入社員にしてみりゃ「誰?」だろ」「イエスマンになれってことか」といった批判的な声が溢れています。しかし、内田氏の言動を擁護する声もあり、「イケメンサッカー選手として知られ、飄々とした調子乗りの彼のスタイルを理解すべき」「冗談を冗談と受け取る意識も社会人として重要ではないか」との意見もあります。

 

まとめ

内田篤人氏のLIXIL入社式での発言は、一部で物議を醸し出しましたが、その背景には彼のサッカー選手としての経験や性格が影響していると考えられます。社会人として必要なのは、異なる価値観や意見を尊重し、相手の立場に立って物事を考える能力かもしれません。内田氏の発言が示すのは、社会に出たからには、様々な挑戦と厳しさに直面することであり、それを乗り越える力を新入社員に求めているのかもしれません。そして最終的には、冗談としての発言を、どう受け止めるかが社会人としての一つの試石になるのではないでしょうか。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪