インターネットの普及と共に、我々の生活は大きく便利になりましたが、その一方でデジタル広告の急速な増加は、多くのユーザーにとって避けられない不快な体験となっています。特に、「消せない広告」や「閉じにくい広告」は、インターネットユーザーの間で大きな不満の源となっており、その実態はいかに深刻なのか、詳細に掘り下げてみましょう。

広告の種類と受け入れられ方

2024年3月に実施されたマイボイスコムの調査では、9495人のユーザーがインターネット広告に関する体験を共有しました。この調査によると、77.2%のユーザーが「画面端に表示される画像の広告(バナー広告)」を目にしており、動画広告やコンテンツ間の広告も6割弱のユーザーが経験していることが明らかになりました。興味深いことに、「画面全体に表示される」広告の目撃例が過去の調査と比較して増加していることが示されています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

ユーザー行動の変化

インターネット広告が表示された際、34%のユーザーは広告の内容を「だいたい読む」または「内容やタイミングによって読むこともある」と回答しています。興味を持った広告は主に「画面端に表示される画像の広告(バナー広告)」で、その他に「コンテンツや記事の間に表示される広告」「YouTube等の動画サイトの、スキップできない動画広告」と続きます。しかし、広告が表示された際に「広告を閉じる」または「間違えてクリックする」行為が各5割強、「意図的にクリックする」が22.6%という結果も出ており、広告に対する消極的な反応が依然として高いことがうかがえます。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

不快感を覚える広告の特徴

特に不快に感じる広告の種類としては、「消せない広告、閉じにくい広告」が49.1%で最多となり、「画面全体に表示される」や「興味がない・関係ない内容の広告」「別画面やポップアップで自動的に表示される」も各40%台を占めるなど、ユーザーの不満は多岐にわたっています。

 

まとめ

この調査結果から明らかなように、インターネット広告に対するユーザーの不満は依然として高く、特に「消せない」または「閉じにくい」広告に対する不快感が最大の課題として浮き彫りになりました。この問題に対処するためには、広告主や配信プラットフォームがよりユーザーフレンドリーな広告の配信方法を模索することが求められます。

また、ユーザーにとって価値のある、関連性の高い広告を提供することで、広告に対するネガティブな印象を軽減し、より良いインターネット体験を実現することが重要です。最終的には、広告主とユーザー双方にとってメリットのある環境を創造することが、デジタル広告業界における持続可能な発展への鍵となるでしょう。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪