ロイター/イプソスによる世論調査が、アメリカ国民の過半数が中国政府が動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を悪用してアメリカの世論に影響を与えようとしていると信じていることを示しました。この調査結果は、ソーシャルメディアプラットフォームの安全性と信頼性に対する国民の不安を示すものであり、政治的な分断をさらに明確にしています。

調査の背景

この調査は、TikTokをめぐる政府の動きと公の議論が活発になる中で実施されました。特に中国企業が所有するプラットフォームの利用が国家安全保障に与える影響が問題視されているため、一般のアメリカ人がこの問題にどのように感じているかを明らかにすることが目的です。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

調査結果

このオンライン調査では、全米から1022人の成人が参加し、58%のアメリカ人が中国政府がTikTokを利用してアメリカの世論に干渉しているとの見解に同意しました。この数字は単なる数値以上の意味を持ち、アメリカ社会の不安や疑念の広がりを示しています。同意しなかったのは約13%で、この比較的低い数字は、問題に対する認識の違いや情報の不足が原因かもしれません。残りの回答者は「分からない」と答えたり、質問に答えなかったりしたことから、不確実性が高いとも言えます。

 

政治的な色彩

共和党支持者は、民主党支持者よりも中国の影響を疑う傾向が強いことが分かりました。この傾向は、国内政治の分裂が外交政策にまで影響を及ぼしていることを示唆しています。政治的なイデオロギーが如何にして国際問題の認識に影響を与えるかを考慮する必要があります。

 

アメリカ政府の対応

昨年、TikTokは米議会に対して「中国政府の要請でコンテンツを促進したり削除したりはしていない」と主張しました。しかし、この主張は多くのアメリカ人の疑念を払拭するには至らず、結果としてバイデン大統領はTikTokの米国での利用を禁止する法案に署名しました。この動きは、国内外政策の連携と、デジタルメディアの規制における新たな局面を示しています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

世代間で違う反応

禁止措置に対する国民の支持は明確に分かれており、調査では50%がこの禁止を支持しているのに対し、32%は反対しました。特に年齢層による支持の違いが顕著で、40歳以上の回答者の約60%が禁止を支持しているのに対し、18歳から39歳の層では支持が約40%に留まっています。これは、若年層がデジタルネイティブとして、ソーシャルメディアプラットフォームに対してより肯定的な見方を持っているためかもしれません。

 

まとめ

この調査は、アメリカ人が感じているデジタルプラットフォームの不安と政府の介入の必要性について重要な洞察を提供しています。中国がTikTokを悪用しているとの信念が広がっており、これがアメリカ国内での政策決定にどのように反映されるかが注目されています。今後、デジタルプラットフォームに対する信頼の回復とその安全性を保障するための措置が、テクノロジー政策の重要なテーマとなることは間違いありません。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪