国内業界最大手の精神科訪問看護ネットワークを展開する「ファーストナース」が、内部の指示により全ての訪問を1人で行うよう看護師に命じていたとの報告が社内文書及び元・現社員の証言により浮かび上がりました。診療報酬を最大化するこの方針が、実際に患者の安全と看護師の労働環境にどのような影響を与えているのか、本記事で深掘りしていきます。

ファーストナース、訪問看護「全て1人で」と指示「あやめ」社員ら証言、効率よく報酬を得る目的か

「ファーストナース」は、日本で「あやめ」という名前で約240カ所の訪問看護ステーションを運営しています。しかし、この規模の大きさがむしろ経営の問題を隠蔽する一因となっている可能性があります。共同通信が手に入れた内部文書には、「2024年 目標」として「一人訪問当たり前」「一人訪問比率100%」と明記されており、経営側の方針が明確に示されています。この方針は、看護師たちに対し、患者の精神状態や危険性を考慮せず、単独での訪問を強いることを意味しています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

看護師たちは通常、患者の精神的、身体的安全を確保するために必要に応じて複数人で訪問します。しかし、ファーストナースの方釈では、効率的な報酬獲得を最優先に考え、この原則が犠牲にされています。 実際、精神状態が不安定な患者を訪問する際、単独で対応することは看護師自身の身の安全だけでなく、患者に対する適切なケアの提供にも悪影響を与えることが懸念されます。

元・現社員からの証言によると、以前は「複数人での訪問」が推奨されていました。これは、複数の看護師が同行することで、1回当たりの診療報酬が高くなるため経済的に有利だったからです。しかし、経営戦略の変更により、「1人で多くの訪問を行う方が全体の利益に繋がる」との判断から、方針が一変しました。

この方針転換が引き起こす問題は多岐にわたります。第一に、看護師のワークライフバランスに悪影響を及ぼしています。 看護師たちは、より多くの訪問をこなすために長時間労働を強いられ、その結果、疲労とストレスが蓄積しています。また、看護師一人ひとりの負担が増えることで、患者一人ひとりに対するケアの質が低下し、最終的には患者の安全が損なわれるリスクも高まっています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

さらに、このような業務運営は看護師の職業倫理にも反するとの指摘があります。看護師としての本分は、患者の健康と安全を守ることにありますが、経営側の無理な要求により、この基本的な職責が脅かされています。

 

まとめ

「ファーストナース」の事例は、精神科訪問看護業界における利益優先の姿勢が如何にして患者ケアの質を脅かすかを示しています。患者の安全と看護師の労働環境を守るためには、訪問看護の運営方針を根本から見直し、適切なガイドラインと監督体制の構築が不可欠です。この問題に対する広範な認識と対策が、より良い医療環境の実現に向けて重要な一歩となるでしょう。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪