椅子を引く—このちょっとした悪戯が、ある人の人生を劇的に変えてしまうことがあります。多くの人々がその危険性を軽視しているこの行為は、実は重大な結果を招く可能性があるのです。車椅子バスケ・岐阜SHINEの選手である山田雄也さんの実話を通して、我々は子供たちにこの行為が如何に危険であるかを伝え、警鐘を鳴らすべきです。

「椅子引き」のイタズラで下半身まひに「絶対しないで!いつ何が起こるかわからない」

2014年7月2日、何の変哲もない一日が、山田雄也さんにとって人生を一変させる日となりました。彼は高校3年生で、友人たちと共に楽しい学校生活を送っていましたが、その日、一瞬の出来事がすべてを変えてしまいました。椅子を引かれて転落し、脊髄損傷を負ったのです。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

この事故の原因は、座ろうとしていた瞬間に後ろからいたずら心で椅子を引かれたためです。山田さんは病院に急行し、医師からは悲しい知らせが告げられました。「脊髄が損傷し、即刻手術を行う必要があります」とのことでした。山田さんは全身麻酔のもと、9時間に及ぶ重大な手術を受けることになります。

手術後、彼は深刻な痛みと共に目覚めましたが、さらに衝撃的な事実が待っていました。MRI検査の結果、血栓が発見され、さらなる緊急手術が必要となったのです。この二度の手術を乗り越え、ようやく意識が戻った山田さんですが、彼が感じたのは、下半身に全く感覚がないという事実でした。

「目が覚めた時には、お腹から下の感覚が全くなくて、宙に浮いている状態っていうか、上半身しかない体みたいな感じで、すごいショックを受けた。」と山田さんは振り返ります。元々、活発にスポーツを楽しんでいた彼にとって、この現実は受け入れがたいものでした。

リハビリの過程は極めて困難でした。彼は髄液を抜くために何度も太い針で背中に穴を開けられ、「背中からナイフを突き刺されるような痛み」を経験しました。しかし、彼の努力と家族の支えがあったおかげで、2ヶ月後には車椅子に乗れるまでに回復しました。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

この経験を通じて、山田さんは車いすバスケットボールという新たなスポーツに出会いました。彼は「岐阜SHINE」というチームから誘いを受け、初めての練習に参加しました。「競技用の車いすに乗せてもらって、走り方とか、車いすの操作の仕方を教えてもらってから、一緒にゲームに交らせてもらって。久しぶりに、風を切って走ってる感覚がうれしくて、『また走ってる』と感じた」と彼は言います。

やがて山田さんは、車いすバスケットボールの楽しさを再発見し、もう一度スポーツに情熱を注ぐことを決意しました。しかし、健常者時代の記憶が彼を苦しめることもありました。元々は跳びはねることが得意だった彼にとって、車いすの制約は大きな挑戦でしたが、彼はそれを乗り越え、新たな競技に情熱を傾けることを学びました。

 

まとめ

山田雄也さんの話は、ちょっとしたいたずらが引き起こす重大な影響を私たちに思い知らせます。彼の経験から、学校や社会は「椅子を引く」という行為の危険性をしっかりと子どもたちに教え、彼らが安全で健康的な生活を送るための対策を講じる必要があります。山田さん自身も、「同じような思いをしてもらいたくないので、椅子を引く行為は本当に危険なんだと伝えたい」と訴えています。私たちは彼のメッセージを真摯に受け止め、子供たちに思いやりと責任の重要性を教え続けるべきです。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪