人材開発支援助成金は、企業が従業員のスキルアップや能力向上を図るための訓練や教育を行う際に、その費用の一部を国が助成する制度です。企業はこの助成金を利用することで、従業員の成長を促進し、業務の効率化や競争力の強化を図ることができます。本記事では、「人材開発支援助成金は1人何回まで受けることができるのか」という疑問について解説します。

人材開発支援助成金の概要

 

制度の目的と背景

人材開発支援助成金は、企業が従業員に対して実施する職業訓練や研修にかかる費用の一部を助成することで、企業内の人材育成を支援する制度です。この制度の目的は、労働市場の活性化と、従業員の職業能力向上を通じた企業の競争力強化にあります

 

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

 

 

助成の対象

助成金の対象となる訓練や研修には、以下のようなものがあります。

 

職業訓練:新しいスキルや知識を習得するための訓練

専門的な研修:特定の分野や職種に特化した研修

資格取得のための講座:業務に必要な資格を取得するための講座

 

企業は、これらの訓練や研修を計画的に実施することで、助成金を受け取ることができます。

 

助成対象となる訓練の回数

 

年間職業能力開発計画期間

人材開発支援助成金を利用する際、企業は「年間職業能力開発計画期間」を設定し、その期間内に従業員に対して訓練を行う必要があります。この期間は、企業が1年間に計画する従業員の能力開発計画のことを指します。

 

訓練の回数制限

助成金を受けられる訓練の回数には上限があります。具体的には、1労働者につき「年間職業能力開発計画期間」内で訓練を受けることができる回数は3回までとなっています。この制限は、助成金の公平な配分を目的として設けられており、多くの従業員が平等に訓練を受けられるよう配慮されています。

 

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

 

 

助成金の申請手続き

 

年間職業能力開発計画の作成

企業は、従業員のスキルアップのための年間計画を策定します。この計画には、以下の内容を詳細に記載します。

 

・訓練内容

・実施時期

・訓練を受ける従業員の氏名

・訓練の目的と期待される成果

 

訓練計画届の提出

作成した年間職業能力開発計画に基づいて、訓練計画届(訓練様式第1号)を所轄の労働局に提出します。この届出が受理されると、訓練の実施が正式に認められます。

 

訓練の実施

計画に沿って訓練を実施します。訓練の実施にあたっては、以下の点に注意する必要があります。

 

・訓練内容が計画通りであること

・訓練の進捗状況を適切に管理すること

・訓練の成果を定期的に評価すること

 

訓練の終了と実施報告書の提出

訓練が終了したら、実施報告書を作成し、所轄の労働局に提出します。この報告書には、訓練の実施状況や成果、参加者のフィードバックなどを記載します。

 

助成金の申請

訓練の実施が完了し、実施報告書が受理された後、所定の申請書類を提出して助成金の支給を申請します。この際、必要な書類や手続きに不備がないよう、事前に十分に確認しておくことが重要です。

 

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

 

 

助成金の額と支給条件

 

助成額の計算

助成金の額は、訓練の種類や企業の規模によって異なります。例えば、中小企業の場合、訓練経費の最大70%が助成されることがあります。一方で、大企業の場合、助成率は低くなる傾向があります。

 

支給条件

助成金の支給には以下のような条件があります。

 

計画通りの訓練実施:年間職業能力開発計画に基づいて訓練が実施されていること

訓練の終了:計画した訓練が全て終了していること

申請書類の提出:所定の申請書類が全て提出されていること

 

これらの条件を満たすことで、企業は助成金を受け取ることができます。

 

助成金の活用例

 

中小企業の例

中小企業A社は、新製品開発に必要な技術を習得するため、従業員に対して専門的な研修を実施しました。この研修には、外部講師を招き、3か月間にわたり実施されました。A社はこの研修費用の70%を人材開発支援助成金でカバーし、コストを大幅に削減することができました。

 

大企業の例

大企業B社は、グローバル展開を見据えて従業員に対して英語研修を実施しました。この研修は、オンライン形式で行われ、全従業員が参加できるようにしました。B社は、研修費用の一部を助成金で賄い、従業員の語学力向上を図りました。

 

まとめ

人材開発支援助成金は、企業が従業員のスキルアップや能力向上を図るための重要な支援策です。特に中小企業にとっては、従業員の育成にかかるコストを大幅に削減できるため、非常に有用です。しかし、助成金の申請には一定の手続きが必要であり、訓練の回数にも上限が設けられていることを理解しておくことが重要です。

1労働者につき「年間職業能力開発計画期間」内で訓練を受けることができる回数は3回までというルールを遵守し、計画的に訓練を実施することで、効果的な人材育成を実現しましょう。助成金を有効に活用し、従業員の能力向上と企業の成長を目指してください。

 

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで

☆人材開発支援助成金を知り尽くした「会計・経営」のプロフェッショナルが【スキルアップ研修の導入】をトータルサポート☆助成金の申請・利用方法まで