近年、日本国内で「自国が衰退している」との認識が急速に広がっています。統計によれば、この感覚は過去数年間で顕著に増加しており、特に2023年の調査結果はその深刻さを物語っています。2023年11月から12月にかけて実施されたイプソスのグローバル調査は、この問題の現状とその背後にある原因を詳細に分析しています。この記事では、その調査結果をもとに、多くの日本人が感じる国の衰退感について、その原因と影響、そして可能な対策を探ります。

認識の変化とその背景

衰退感の増加

イプソスの「ポピュリズムに関するグローバル調査2024」によると、「自国が衰退している」と感じている日本人は、2016年と比較して1.7倍に増加し、全体の68%に上ることが判明しました。この数字は、調査対象となった28か国中で5番目に高い割合です。この結果から、日本社会における深刻な懸念が浮かび上がります。

 

経済と社会不平等

特に注目すべきは、税金の使途に関する日本人の意識です。多くが「貧困と社会不平等の緩和」を最優先に考えており、これが経済状況の改善を強く求める日本人の姿勢を示しています。また、一般市民と政治や経済のエリート層との間の格差を感じている人が75%にも上ることから、社会全体に広がる不平等感が衰退感の一因であることがわかります。

社会の分断とその影響

政治と経済の格差

日本社会における「格差」の認識は、経済的不平等だけでなく、政治的な代表性の欠如や社会的な連帯感の減少にも関連しています。このような格差感は、政治的な不満や経済政策に対する不信感を高め、結果として国の衰退感を強めています。

政策への期待と現実

多くの日本人は、貧困の軽減、教育への投資、医療体制の改善など、社会的な公正と経済的な平等を重視する政策の実現を望んでいます。しかし、政府の対応が期待に応えられていないと感じる人々が多く、社会の分断はさらに深まっています。

 

対策と前向きな取り組み

政策の転換

日本がこの「衰退」の感覚を乗り越えるためには、政策の転換が必要です。具体的には、社会保障の強化、教育や医療への更なる投資、そして経済の活性化を図る施策が求められます。これには、政府だけでなく、民間企業や市民社会の協力も不可欠です。

意識改革と市民の参加

解決策は、政策の変更だけではなく、社会全体の意識改革にもあります。市民一人ひとりが変化を求め、積極的に参加することで、衰退感を乗り越えることができるでしょう。これには、教育の機会の拡大や、政治参加の促進などが含まれます。

まとめ

日本人が「自国の衰退」を感じる原因は、経済的、社会的な不平等、政治的な不満に深く根差しています。イプソスの調査は、これらの問題が単なる感情ではなく、実際の生活状況や政治環境の変化に基づいていることを明らかにしました。日本がこの衰退感を乗り越え、再び成長の道を歩むためには、政策の転換とともに、社会全体の意識改革が必要です。社会の不平等を緩和し、経済的な活力を取り戻すことが、日本の未来を明るくする鍵となるでしょう。