東京・渋谷のファストフード業界に革命的な変革が訪れようとしている。韓国で最も愛されるハンバーガーブランド「MOM’S TOUCH(マムズタッチ)」が、国外での拡大戦略の一環として、日本に初の直営店をオープンする準備を進めている。この新店舗は、渋谷スクランブル交差点近くにあった、かつてマクドナルドが営業していた象徴的な場所に構えられることにより、食文化の新たなマイルストーンを築く。

韓国No.1ハンバーガー「マムズタッチ」について

2024年4月、「MOM’S TOUCH」は韓国国外での初めての試みとして、日本・東京の渋谷にその旗艦店を開店する。このブランドは、韓国国内で圧倒的な人気を誇り、そのハンバーガーとチキンメニューは、品質と風味で知られている。特に、手作りのバンズと新鮮な材料にこだわるその姿勢は、食の質に敏感な消費者から高い評価を受けている。

 

マムズタッチのこの新しい展開は、マクドナルド渋谷店の跡地、すなわち渋谷スクランブル交差点のすぐそばに位置する。この場所は、約418平方メートルの広さを誇り、200席もの座席を提供する。昨年、渋谷で開催されたポップアップストアの成功を受け、この地に恒久的な足跡を残す決意を固めた。この地は、渋谷のファストフード業界での新たな競争の場ともなりうる。

さらに、マムズタッチは、フランチャイズショー・2024にも参加する予定であり、日本でのフランチャイズビジネスの拡大を目指している。この取り組みは、マムズタッチの日本市場での存在感を高め、将来的には国内各地でその店舗を見ることができる可能性を示唆している。

 

渋谷のファストフードシーンは近年、大きな変動を見せている。特に、渋谷スクランブル交差点周辺では、鳥貴族のトリキバーガー、スターバックス、ウェンディーズなど、有名なファストフードチェーンの閉店が相次いだ。これらの閉店は多くの地元住民や訪れる人々にとって意外なニュースであり、この地域の食文化に大きな穴を開けた。しかし、「MOM’S TOUCH」のような新しいブランドの出現は、この空白を埋め、新しい選択肢を提供する希望となっている。

 

まとめ

「MOM’S TOUCH」の日本初の直営店の開店は、東京・渋谷における食文化の新たな章の始まりを告げる。韓国から輸入されたこのブランドの独自性と品質は、渋谷の多様な食のシーンに新鮮な風を吹き込む。特に、マクドナルド渋谷店のような象徴的な場所の後継者として、手作りのハンバーガーとチキンを通じて、新たな食体験を提供することで、地元の人々だけでなく、世界中からの訪問者を引きつけることになるだろう。この新店舗の開設は、渋谷だけではなく、日本全体のファストフード業界にとって重要な意味を持ち、マムズタッチが日本国内でどのような影響を与えるかに対する期待は高まるばかりである。