ワークマンの業績に陰りが見え始めています。2024年3月期において、9年ぶりに既存店売上が減少し、業界内外から注目が集まっています。本記事では、ワークマンが直面する業績低迷の詳細と、リピーター獲得のための戦略に焦点を当て、その成否を深堀りしていきます。

業績概観

2024年3月期、ワークマンは多くの企業が直面する通貨の変動と原材料費の高騰という外部環境に翻弄されました。具体的には、営業利益が前期比4.0%減の231億円となり、2期連続の営業減益を記録しました。これは主に、暖冬の影響で防寒関連商品の売上が伸び悩んだことに加え、円安によるコスト増が直撃したためです。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

既存店の挑戦

さらに注目すべきは、既存店売上高が9期ぶりにマイナス1.4%となった点です。新規顧客の獲得に加え、特にリピーターの獲得に苦戦している状況は、ワークマンにとって大きな課題となっています。小濱英之社長は決算説明会で、この問題について「リピーター獲得が今後の課題」と明言し、改善策の模索が急務であることを示唆しました。

 

店舗戦略と商品展開

全店の売上高は3.2%増とプラス成長を遂げたものの、特定のブランド店舗の成績は振るわず、「ワークマンプラス」の既存店売上高は3.4%減「#ワークマン女子」では11.1%減と大きく落ち込みました。これは新店興奮の消退と、特定顧客層への訴求が難しいことを意味しており、持続可能な顧客基盤の構築が必要です。

新規出店戦略においては、「#ワークマン女子」を中心に展開を進め、期末店舗数は純増30の1011店舗を達成しました。また、店舗の改装を進め、「ワークマン」から「ワークマンプラス」への転換を図っていますが、これも新たな顧客層の獲得には一定の効果を示しています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

今後の展望

2025年3月期には、チェーン全店売上高が前期比5.0%増の1839億円営業利益が2.1%増の236億円を見込んでおり、戦略的な施策には自信を示しています。リピーター獲得のためには、特に女性用の消耗品や子供服など、来店頻度を増やすことができる商品カテゴリーの強化が計画されています。また、「#ワークマン女子」の新店舗は、消費者が定期的に訪れる食品スーパーの隣など、よりアクセスしやすい立地選定を心掛けています。

 

まとめ

ワークマンの現在の課題は、グローバルな経済環境の変動と直接的な市場のニーズに迅速に対応することの重要性を浮き彫りにしています。リピーターの確保という課題に対し、積極的かつ戦略的なアプローチを展開しており、その結果が今後の業績にどのように反映されるかが注目されます。ワークマンの取り組みは、小売業界の他のプレイヤーにとっても貴重な事例となる可能性があります。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪