日本のライフスタイルの変化に伴い、冷凍食品の需要が急速に高まっています。単身世帯や共働き夫婦の増加、高齢化による調理負担の軽減など、冷凍食品の利便性が評価される背景があります。さらに、円安や物価高が進む中で、冷凍食品の「コスパ」と「タイパ」が追い風となり、市場はますます熱を帯びています。

冷凍食品市場の成長

冷凍食品の売り上げは、昨年と6年前を比較すると約1.4倍の5207億円に達しました。この成長の一因として、特に注目されているのが「ワンプレート冷食」です。ごはんとおかずがセットになったこのタイプの冷凍食品は、6年間で売り上げが7.7倍に増加し、市場規模は100億円に迫る勢いです。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

ワンプレート冷食の人気

「ワンプレート冷食」は、特に30代以下の比較的若い世代に人気があります。市場アナリストの木地利光さんによると、平均価格400円ほどでバランスの良い食事が準備できるため、コスパとタイパの良さが高く評価されているとのことです。また、「ワンプレート冷食」の売れ筋商品は、品目数や野菜量の多さなど「健康に良い」と訴求するものが多く、中高年層でもよく購入されています。

 

健康志向と高級感の融合

冷凍食品市場では、「健康」と「高級感」を両立する商品も増えてきました。江崎グリコの「SUNAOごろっと具材の生パスタ」はその一例です。この商品は、糖質と食塩の使用量を抑えつつ、食物繊維量を増やしており、冷凍食品でも「生パスタ」というリッチ感と健康を両立しています。冷凍パスタの市場規模はこの5年間で約1.3倍に増加しており、コロナ禍後も外食を控え、自宅で本格的な食事を楽しむ消費者が増えていると木地さんは分析しています。

 

冷凍野菜の需要拡大

冷凍食品市場の中で、特に注目されているのが冷凍野菜です。売り上げは昨年と6年前を比較すると約1.5倍に増加し、市場規模は720億円に達しています。中でも、冷凍ブロッコリーの成長が著しく、6年間で市場規模が3倍に拡大しました。冷凍ブロッコリーの需要拡大の背景には、生鮮ブロッコリーの価格上昇があります。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

生鮮ブロッコリーの価格上昇と冷凍ブロッコリーの利便性

農業総合研究所によると、今年4月の生鮮ブロッコリーの価格は前年同月比で22.1%上昇しました。この値上がりの背景には、トラックドライバーの残業時間制限や円安などの要因があります。一方で、冷凍ブロッコリーは、瞬間冷凍技術の向上により栄養価が生鮮と遜色なく、調理の手間が省ける利便性が評価されています。また、国産やオーガニックと訴求する商品も増えており、健康志向の消費者に支持されています。

 

冷凍食品の未来

冷凍食品市場は、今後もさらに成長が期待されます。単身世帯や共働き夫婦の増加、高齢化による調理負担の軽減など、現代のライフスタイルに合致する点が評価されているためです。また、物価高が続く中で、冷凍食品の「コスパ」と「タイパ」が消費者にとって大きな魅力となっています。冷凍技術の進化により、栄養価や品質が向上していることも市場拡大の要因です。

 

まとめ

冷凍食品は、ライフスタイルの変化や物価高を背景に、その利便性と多様性から爆発的な人気を博しています。今後も「健康志向」や「高級感」を追求した商品が増える中で、冷凍食品市場はさらに活気づくことでしょう。消費者のニーズに応えつつ、技術革新を続ける冷凍食品の未来は明るいと言えます。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪