アメリカのIT大手グーグルが5月14日に発表し、アメリカで提供を始めた新たな検索サービス「AIオーバービュー」が、誤情報を表示する事態が報じられ、話題となっています。生成AIを活用したこの検索サービスは、ユーザーが入力した質問に対してAIが調査し、回答を提供する仕組みです。しかし、予期せぬ誤情報が含まれることが明らかになり、信頼性への懸念が高まっています。

グーグルの新たな検索サービス「AIオーバービュー」

「AIオーバービュー」は、グーグルが提供する最新の生成AI技術を活用した検索サービスです。ユーザーが質問を入力すると、AIが関連情報を調査し、回答を提供するというものです。従来のキーワードベースの検索とは異なり、文章形式で質問を入力できるため、より自然な対話形式での検索が可能となっています。このサービスは、ユーザーの質問に対して迅速かつ的確な回答を提供することを目指していますが、その信頼性が問題視されています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

サービスの提供開始と初期の反応

「AIオーバービュー」のサービス提供開始当初は、多くのユーザーから期待と共に歓迎されました。従来の検索エンジンが提供するリンクのリストではなく、具体的な回答を得られるという新しいアプローチは、多くのユーザーにとって革新的なものでした。特に、複雑な質問に対しても分かりやすい形で回答を提供することができる点は、高く評価されました。

しかし、この新サービスの提供開始からわずか数日で、誤った情報が表示される事態が報告されました。ニューヨーク・タイムズなどの有力メディアによると、「ピザにチーズがくっつかない」という質問に対し、AIは「ソースに無害の接着剤を使うこと」を勧めたり、「ガソリンでパスタの調理が早くなるか」と尋ねた際には、「早くはならないが、ガソリンによって辛い味付けになる」と回答するなど、現実離れした提案を行ったとされています。

 

 

誤情報の具体例

これらの誤情報は一部のユーザーに衝撃を与えました。具体的な例として、「ピザにチーズがくっつかない」という問題に対してAIは、「無害の接着剤を使うこと」を提案しました。この回答は明らかに不適切であり、食の安全に関わる深刻な誤情報と言えます。接着剤の使用は食品には全く適しておらず、健康へのリスクを伴う可能性があります。

また、「ガソリンでパスタを調理する」ことについての質問に対しては、「早くはならないが、辛い味付けになる」という全く根拠のない回答を生成しました。ガソリンは極めて危険な物質であり、料理に使用することは非常に危険です。これらの誤情報は、AIが正確な情報を提供する上での課題を浮き彫りにしています。

さらに、アメリカのオバマ元大統領に関する質問では、彼が実際にはキリスト教徒であるにもかかわらず、「イスラム教徒である」とする誤った情報が表示されました。歴史的事実や個人の宗教に関する誤情報は、誤解や偏見を助長する可能性があり、特にデリケートな問題です。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

グーグルの対応

グーグルはこの問題に対して迅速に対応し、NHKの取材に対して以下のようにコメントしています。「多くの事例はまれな質問によるものだ。フィードバックに感謝し、システムの改善に努めていく」とのことです。生成AIが誤情報を提供するリスクについては、以前から指摘されており、今回の事例はその一端を示しています。グーグルは、ユーザーからのフィードバックを基にシステムを改善し、今後同様の誤情報が表示されないよう努めるとしています。

 

システム改善への取り組み

グーグルは、生成AIの精度を向上させるために、継続的な改良を行っています。誤情報が表示されるリスクを低減するため、AIの訓練データセットを見直し、アルゴリズムの改善に努めています。また、ユーザーからのフィードバックを積極的に収集し、それを基にシステムの改良を行っています。これにより、将来的にはより正確で信頼性の高い情報を提供できるようになることを目指しています。

 

 

誤情報の影響とIT企業の取り組み

生成AIが誤った情報をさも事実であるかのように回答する事例は他にも報告されています。例えば、過去の歴史的な事実や科学的な知識に関する誤情報が生成AIによって提供されたことがあります。このような事態に対し、各IT企業はAIの精度向上と誤情報の排除に向けた取り組みを強化しています。誤情報が広がることは、ユーザーにとって混乱を招くだけでなく、社会全体に影響を及ぼす可能性があるため、AI技術の進展と共にそのリスク管理が重要視されています。

グーグルだけでなく、他の大手IT企業も同様の課題に直面しており、AI技術の発展に伴う誤情報のリスク管理が求められています。ユーザーからのフィードバックを積極的に受け入れ、システムの改善に努める姿勢が重要です。また、AIの回答が常に正確であると信じ込まず、ユーザー自身が情報の信憑性を確認する姿勢も求められます。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪

 

 

まとめ

今回のグーグルの新たな検索サービス「AIオーバービュー」で発生した誤情報の事例は、生成AI技術の信頼性に対する大きな課題を浮き彫りにしました。ユーザーの質問に対して正確な情報を提供することは、AI技術の発展において最も重要な要素です。誤情報がもたらすリスクを最小限に抑えるためには、AIの精度向上と共に、ユーザー教育も不可欠です。

今後、グーグルをはじめとするIT企業が、どのようにしてAIの精度を向上させ、誤情報を防ぐ対策を講じていくのかが注目されます。ユーザーとしても、提供される情報の信憑性を見極める慎重な姿勢が求められるでしょう。これにより、AI技術がもたらす恩恵を最大限に享受しつつ、誤情報のリスクを最小限に抑えることが可能となるでしょう。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】即日融資でお金を借りたい方に♪