冬が過ぎ、暖かい春の訪れと共に、農作物の成長を楽しみにしている方々にとっては、悪夢のような季節が再びやって来ます。「カメムシ」が暖冬の影響で生存率が向上し、春先から夏にかけての農業被害が顕著になっています。今回は、その生態、影響、そして防除策について詳しく解説します。

カメムシの生態と被害

カメムシは、その特有の悪臭と作物への被害で知られています。彼らは作物の汁を吸い取りながら、病原体を媒介することがあり、農作物にとって重大な脅威となります。昨年、鳥取県では、カメムシの越冬した成虫の平均観測数が平年の3倍以上に達し、それにより農作物への影響が拡大しました。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

暖冬の影響で、通常ならば冬の厳しい寒さに耐えられず死滅するカメムシが、越冬しやすくなっています。鳥取県園芸試験場の戸板重則主任研究員によると、「冬の間に凍死することなく、春まで生き残るカメムシが増えています。これが個体数の増加に繋がっており、大量発生の一因となっています」とのことです。

 

対策の詳細

対策として、鳥取県では病害虫発生予察注意報を発令し、農家に対して追加防除の徹底を呼びかけています。具体的には、「追加防除を行うこと、摘果を早めに行い、小袋かけを迅速に実施することが重要です」と戸板主任研究員は述べています。これにより、カメムシが繁殖する前に個体数を抑制し、農作物への被害を最小限に抑えることが可能です。

家庭では、カメムシが室内に侵入するのを防ぐために、窓や扉の隙間を塞ぐ、虫除けネットを設置することが推奨されます。また、発生が見られた場合は速やかに適切な殺虫剤を使用し、拡散を防ぐことが大切です。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

今後の展望と注意点

暖冬が続く限り、カメムシの個体数は増加する傾向にあります。これに対応するためには、持続的な監視と迅速な対応が求められるでしょう。農家や地域コミュニティが連携を取り、情報共有しながら対策を進めることが重要です。

 

まとめ

今年もまた、カメムシの大量発生が予想されています。そのためには、個々の対策と共に、地域全体での情報共有と組織的な取り組みが不可欠です。適切な情報と対策の準備を行うことで、これらの害虫から作物を守り、農業被害を最小限に抑えることができます。農家の皆さんは特に、早期の対策と共に、継続的な監視を怠らないよう努めましょう。

 

あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】はじめてでも安心♪