神戸市のベイエリアは、近年インバウンド(訪日外国人客)の低迷や人口流出に悩まされている状況を打破すべく、大型集客施設の整備が進められています。この記事では、これらの新たな施設とその期待される効果について紹介します。

神戸ポートタワーのリニューアル

2023年4月、神戸市中央区に位置する神戸ポートタワーが約2年半の工事を経てリニューアルオープンしました。このタワーは地上100メートルの高さを誇り、新設されたガラス張りの屋上デッキからは神戸の海と山の美しい景色を一望できます。特に、ポートタワーの象徴的なデザインとその歴史的背景は多くの観光客を引きつけています。地元の観光スポットとしても知られ、再オープン初日から多くの来場者で賑わいました。

ミート市から訪れた佐藤雅子さん(60)は、「神戸といえばポートタワー。(山の)緑と(海の)青を両方堪能できる」と述べ、神戸ならではの景色を楽しんでいました。ポートタワーのリニューアルによって、訪れる観光客に新たな魅力を提供し、地域のシンボルとしての役割を再確認しています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【即日融資】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

神戸須磨シーワールドの開業

2023年6月には、市立須磨海浜水族園の跡地に神戸須磨シーワールドが開業します。この新しい水族館はホテルを併設し、西日本唯一のシャチの展示を特徴としています。特にシャチの展示は観光客の大きな注目を集めており、幅21メートル、高さ2.7メートルの窓からシャチを見ながら食事ができるビュッフェレストランも併設されています。このレストランでは、シャチのダイナミックな動きを間近で楽しみながら食事ができ、他では味わえない特別な体験を提供します。

さらに、神戸須磨シーワールドでは、教育プログラムや環境保護活動にも力を入れており、地域社会との連携を深めることを目指しています。これにより、訪れる人々だけでなく、地元住民にも愛される施設となることが期待されています。

 

GLION ARENA KOBEの建設

神戸ポートタワーの展望デッキから見える新港第2突堤エリアでは、2024年4月の開業を目指して新アリーナ「GLION ARENA KOBE(ジーライオンアリーナ神戸)」の建設が進められています。このアリーナは、プロバスケットボールチーム「神戸ストークス」のホームとして使用されるほか、音楽イベントや大学の入学式など多目的に利用される予定です。

 

運営会社の渋谷順社長は、「にぎわいの創出と市民がアイデンティティーを感じられる場所にしたい」と話しています。GLION ARENA KOBEは、その多機能性と最新設備によって、神戸市内外からの集客を見込んでいます。特に、スポーツイベントやコンサートなど、大規模なイベントの開催が可能となるため、地域経済への波及効果も期待されています。

 

交通網の整備と利便性向上

神戸市は観光客の増加を見据えて交通網の整備にも注力しています。2023年4月からは市内の6つの交通事業者が運賃支払いにクレジットカードなどを使う「タッチ決済」を導入し、観光客の利便性向上を図っています。このシステムにより、現金の両替や乗車券の購入が不要となり、特に外国人観光客にとって大きな利便性の向上が見込まれます。

さらに、ベイエリアを周回するバス「ポートループ」「シティーループ」でもこの決済方法が利用可能です。これにより、観光スポット間の移動がスムーズになり、観光客の回遊性が向上します。加えて、神戸空港も令和12年前後に国際定期便の運用開始を予定しており、これによりインバウンドの増加が期待されています。

市内中心部では、次世代型路面電車(LRT)やバス高速輸送システム(BRT)の導入も検討されています。これらの交通インフラの整備は、観光客のみならず、地元住民の日常生活にも大きなメリットをもたらすことが期待されています。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】今日中に10万円借りたい方に♪

 

 

神戸の課題

神戸市は観光客の伸び悩みと人口減少という二重の課題に直面しています。観光庁の調査によると、2023年に観光やレジャー目的で日本を訪れた外国人のうち、大阪府を訪れた人は43.5%、京都府は33.7%であるのに対し、兵庫県は6.3%にとどまります。このデータからも、神戸市が観光地としての認知度向上に努める必要性が明らかです。

また、神戸市の人口は昨年、22年ぶりに150万人を下回り、2050年には約116万人にまで減少する見込みです。このような人口減少は地域経済や社会に大きな影響を及ぼすため、人口減少に歯止めをかけることが急務です。市長の久元喜造氏も、「ウォーターフロントエリアは神戸が発展を遂げていく上で極めて重要な役割を持っている」と評価しています。

新たな観光資源の創出と地域活性化

これらの新たな集客施設と交通インフラの整備は、神戸市の観光資源を強化し、地域活性化を促進する重要な手段です。例えば、ポートタワーや神戸須磨シーワールドのリニューアル・新設により、観光客に対する新しい魅力を提供し、リピーターを増やすことが期待されます。また、GLION ARENA KOBEのような大型イベント施設の整備は、スポーツやエンターテインメントを通じて地域経済に大きな波及効果をもたらすでしょう。

さらに、観光資源の多様化を図ることで、神戸市は国内外の観光客を引きつけることが可能となります。例えば、ベイエリアの観光施設だけでなく、歴史的な街並みや美しい自然景観、地元の食文化など、多岐にわたる観光資源を活用することが重要です。

 

まとめ

神戸市のベイエリアで進められている大型集客施設の整備は、観光客の増加と地域の活性化に向けた重要な一歩です。ポートタワーのリニューアル神戸須磨シーワールドの開業新アリーナの建設など、多彩な施設が神戸の魅力を再発見させる契機となるでしょう。また、交通網の整備も合わせて進められており、これらの取り組みが相乗効果を生み出し、神戸が再び「港町」としての輝きを取り戻すことが期待されています。

これからの神戸は、新しい観光施設と交通インフラの整備を通じて、観光客と地元住民の両方にとって魅力的な都市として発展していくでしょう。このような取り組みが成功すれば、神戸は再び国内外から注目される観光地となり、その経済的・社会的影響は計り知れないものとなるでしょう。

 

☆あなたにピッタリのカードローンが見つかる【最短20分】即日融資でお金を借りたい方に♪